ローレント・ヌドロブは、彼の声と、助けるという目的を見つける。

29歳の南アフリカ人は、自分の人生の疑問に対する答えと他人を助ける楽しさを見つけました。


ハイチのボランティア・ミニスターのための家

ハイチのVMは現在、拡張の拠点となる独自の常設センターを持っています。


コスタリカのボランティア・ミニスターが呼びかけに応える

最初の1年だけで、コスタリカの新しいボランティア・ミニスター・グループは、「何か打つ手がある」人々として全国的認知を獲得。


ブダペストのボランティア・ミニスターは、いつでも、必要とされるものに手を差し伸べています

誰もが人生のいくつかの面で、精神的なことに関する相談や緊急時の応急処置といった形で助けを必要としています。ボランティア・ミニスターはそのすべてを提供しています。


ボランティア・ミニスターは喜びの涙をもたらす

ケニア、ブンゴーマのメアリーは、ボランティア・ミニスター・セミナーに参加したことで、失敗した結婚生活を修復する「秘訣」を見つけました。


ハイチが瓦礫を乗り越えるためのツールを獲得

ハイチの人々は、ただVMの技術の奇跡を経験するのでなく、自ら立ち上がるためにそれを学んでいます。


ブルンジの医師がいかに貧困に陥った自国をVMのツールで援助したか

ジャック・ムパウェニマナ博士は、自分の非営利組織を、自国民の向上を目的とするボランティア・ミニスター運動へと転換しました。


ネパールの人々に対して復興を支援し、自らを助ける技能を示す

ボランティア・ミニスターは、緊急災害対応と救命活動から、人生に役立つトレーニングを与えることで未来を創造することへと、焦点を移しています。 VMは、ネパールの人々の生活を改善するために、計り知れない価値のあるツールを使って、彼らに力を与えることに尽力しています。


ダラス災害後の一致団結したHELP

ボランティア・ミニスターやその他の人々が、ダラスで起きた半世紀ぶりの最悪の災害に対応し、力を合わせています。


セミナーが難民のコミュニケーション技能を助ける

中東から強制退去させられた専門家たちが、新たな国で自分たちの技能を向上させています。


インド全域に勉強の技術をもたらし、災害から救う

インドに質の高い教育を提供することは、急を要します。 12億の人口のうち、3割が貧困度の国際基準よりも低い生活を送っていて、25%は文字が読めません。 インドの学生のうち、15%しか高校に進学することができず、卒業できるのはたった7%です。 これに加え、数千もの少数民族集団、カーストの各階級や部族集団、そして211もの言語と1,600以上ある方言が、教育改革を困難にしています。


地球規模で救済活動が拡張。いつどこへでも、それを求める人々へ ― VM ニュースレター

自分の町でも、地球の裏側でも「何か打つ手がある」をモットーとして奉仕するのが、サイエントロジー・ボランティア・ミニスターです。 サイエントロジーの創設者であるL. ロン ハバードは、宗教の影響力の衰えに比例して、社会における犯罪と暴力が増加していることに気付いた後、1970年代半ばにそのプログラムを始めました。


ボランティア・ミニスターは語る

9.11以来、ボランティア・ミニスターの物語はさまざまに語り継がれています。最も援助が必要な時に助けられた人たちの言葉で…援助を続けた救助隊員によって…自然災害や人災を報道するメディアによって…そして、ボランティア・ミニスター自身によって。


サイエントロジー・ボランティア・ミニスター:私たちが援助する理由

私たちの歴史において、この十年は最も混乱した時代でした。イデオロギーの対立や暴力的な革命、脆弱な社会経済基盤によって、世界人口の3分の1以上が圧制や困窮、残虐な人権侵害にさらされています。テロ行為は社会の根幹を揺るがし、ヒステリーや恐れ、不安を人々の間に撒き散らしています...