サイエントロジー後援によるイタリア救援チーム、ハイチへ向かう

3月15日月曜日に、国際サイエントロジスト協会の後援により、8人のイタリア人の災害専門家チームがハイチへ向かいました。彼らは、2.7トンの必需品とともにミラノの近くのマルペンサ空港を発ちました。これには、500キログラム以上の医療機器とテント、300キログラムの食品、100キログラムの医薬品が含まれていました...


サイエントロジー・ボランティア・ミニスター、ハイチ地震から学んだ教訓について語る

ユタ州サンディ市のサイエントロジストであるジョーバ・グッド女史は、サイエントロジー・ボランティア・ミニスターのモットーを人生の指針としています。「何か打つ手がある。」 「ハイチは、より以前の災害を小さなものに見せました」と、彼女は言います...


サイエントロジー・ボランティア・ミニスターでもある女優、ハイチが自分の人生を変えたと語る

サイエントロジー災害対策チームに参加してハイチで過ごした1週間は、女優カサンドラ・ヘップバーン女史の人生を変えました。フィリピンで生まれ、ロンドン、香港、スイスで育った彼女は世間の荒波から隔離されて生きてきたわけではありません...


ケニアのスカウト、サイエントロジー・ボランティア・ミニスターのテクニックを草の根レベルで使う

2010年2月6日、ケニアのニャンザ地域の出身であるスカウト・コーディネーター、チャールズ・オマンガ氏は、至急の連絡を受けました。キスムのにぎやかな商店街で火災が発生し、彼のスカウトのチームの助けが求められていたのです...


ボランティア・ミニスター、デビッド・デンプスターは、人々を助けることを最優先事項にしている

デビッド・デンプスターはサイエントロジーのボランティア・ミニスターであり、最近、サイエントロジー教会のハイチ災害対策から戻ったばかりです。デビットはタンパの湾岸地域で、コミュニティ・ホットラインを運営しています...


ロサンゼルスを本拠地とするサイエントロジー災害対策チーム、ハイチにおける貢献をジョージア州上院議員に称えられる

2010年2月28日(土曜日)、ロサンゼルス市ハリウッドの国際サイエントロジー教会セレブリティー・センターにおいて、ジョージア州上院議員ドンゼラ・ジェームズ氏はハイチでボランティア活動を行った人たちと会い、彼らの「ハイチへの無償の奉仕」を称えるべく、サイエントロジー・ボランティア・ミニスター・グループに対して「ジョージア州決議SR998」を進呈しました...


サイエントロジーのボランティア・ミニスター、「ハイチはまだ終わっていません」と語る

ネバダ州パランプのドナ・クーパーさんと彼女の夫は16日後に引退することになっています。8人の子供の母親であり、祖母であり、もうすぐ曾祖母になろうとしてるクーパー女史ですが、仕事から離れた後に自由時間をどう過ごすのか計画していません...


ハイチから帰国したサイエントロジー・ボランティア・ミニスターが語る、さらなる援助を求められている

スコットランド人のサイエントロジー・ボランティア・ミニスター、デビッド・デンプスターは、フロリダ州クリアウォーターに4年前から住んでいます。1月16日、ニューヨークのケネディ国際空港から飛び立つサイエントロジーのチャーター便の第一陣に乗り込み、ハイチに向かいました...


サイエントロジーの緊急救援隊員、ハイチの若者がニュー・ヘブンで義足を得るのを助ける

医療専門家およびサイエントロジー・ボランティア・ミニスターのアヤル・リンドマンは、1月12日の地震の直後からハイチで活動しています。生命を救うために片脚を切断したハイチの男性との約束を今も守っています。 22歳のラルフ・マリー・ジェデオンは、1月12日にポルトープランス工業学校の授業に出席している最中に、地震で崩壊した学校で生き埋めになりました...


サイエントロジー後援のチャーター機がハイチへ医療と精神面の援助を提供

サイエントロジー教会が手配したチャーター便は126名の医師、看護師、救急医療技術者、そしてサイエントロジー・ボランティア・ミニスターをポルトープランスへと運び、彼らは空港に日曜日に到着しました。国土安全保障省に援助を受け、飛行機はすぐに必要とされる援助を提供するために、JFK国際空港からハイチに到着しました...


グレンデールの若者がサイエントロジーのハイチ災害対策チームに参加する

地震の一ヵ月後、パサデナ・シティー・カレッジに通うサイエントロジー・ボランティア・ミニスターは、自分がハイチを忘れていないことを確かめたいと思いました。 2月14日、マイアミのCBS4は、サイエントロジー災害対策チームの一員としてハイチに向かう途中のオースチン・イーストレーにインタビューしました...


サイエントロジー・ボランティア・ミニスターが語る、ハイチ地震の重傷者治療班での体験

ロシアのサイエントロジー・ボランティア・ミニスターのチームは10個の時間帯にわたる3万キロの旅を終えました。この旅は、4年前にモスクワで始まりました。2006年8月以来、このボランティアはシベリア鉄道を旅し、約8千人に対して講演やセミナー、コースを与えてきました...


ボランティア・ミニスターの災害対応:ポルトープランス総合病院

1月13日のハイチ大地震により20万人以上が死亡し、推定30万人が負傷し、迅速な対応が必要とされ、ハイチの医療施設では対応できずにいました。準看護師と救急救命士の資格を持ち、サイエントロジーのボランティア・ミニスターのアヤゥ・リンデマンは、その災害に迅速に対応したひとりでした...


ハイチ災害対応チームの仕事に関するサイエントロジーのボランティア・ミニスターからの直接報告

サイエントロジーのボランティア・ミニスターであり、フロリダ州タンパのサイエントロジー教会のスタッフ・メンバーであるエレナは、サイエントロジー教会がハイチへ医療物資、医師、看護師やボランティア援助を送り届けるために飛行機をチャーターしたことを耳にし、彼女は姉妹であるミカエラに電話をして、1月16日の飛行機に2人分の席を予約しました...